✔︎シェアフルの夜勤コンビニがキツ過ぎた件

1.シェアフルとは?

2.夜の時間帯を選んだ理由

3.現場に着いたときのファーストインプレッション

4.実際に21時~02時で働いてみてどうだったか?

5.辛かったけど結果オーライ

6.さいごに(案件の相違)

シェアフルとは?

シェアフルとは好きな日に1日だけ好きな案件を選んで働ける日雇い求人アプリである。

求人一覧でこのように即払い可と表示されていれば働き終わって即時振込申請をすればすぐに口座に入金されていてとても便利なアプリです。

夜の時間帯を選んだ理由

1日バイトというのはその日だけに全力を注ぐものであるから逆にちゃんと会社に雇われて働いているよりプレッシャーは大きい。遅刻したり休んでしまった場合はアプリで場合によりペナルティなどにもなってしまう。なので念のため絶対に起きれて万全な状態で取り組める21時からの時間を選びました。案件がコンビニということもあり夜のほうがレジ応対も少ないと検討したため。

現場に着いたときのファーストインプレッション

夜の短時間のがなにかと楽だろうと、そんな浅はか期待とは裏腹に現場に着きそこのオーナー(もしくは店長?)と挨拶するや否や、初めに受けた指示はチキンなどを揚げるフライヤー器を洗えるかと聞かれ洗えるなら洗って欲しいとのことだった。でも前に1年間働いていた職場とフライヤー機器の種類がちがったため洗えなかったので結局それは元々働いてる従業員がやることになり、土曜日の深夜は納品が沢山くるからそれまでに一旦ウォーク(ペットボトル飲料売り場)の補充など整理をしておいて欲しいと言われた。それを聞いた瞬間、元々いる従業員ではなくシェアフルで派遣されてきた人にやってもらう感じなんだと知り、コンビニでだいたい1番面倒なのは納品で来るウォークや冷凍物を綺麗に仕舞うことなのでちょっと初めに選んだ理由とはだいぶギャップがありました。

実際に21時~02時で働いてみてどうだったか?

言われた通りウォークの補充をある程度済ませ、レジに戻りそのまま空いた時間レジ応対などをし、22時過ぎに弁当や菓子の納品がきて、それらを3人ぐらいでそれぞれ分担して品出しし途中で菓子の品出しが半分以上なくなったタイミングで「ウォークやってもらっていい?」と22時のシフトの切り替えで来た若い従業員の方に言われました。そのときに(え、ウォークに詰めるほうも自分がやるのか…。」と思いました。結局大量にきたペットボトルケースを一旦整頓して積んで全部しまい、そこから補充しやすいように予め棚に出せるものはすべて並べて置きました。1番重労働な仕事を丸投げすることが1日バイトできた派遣の定めかもしれませんが、その日初めて働く自分には店がどういう方針で棚に整理しているのか全くわからないので正直分担の仕方がちょっと効率が悪いと思ったりもしました。

辛かったけど結果オーライ

何はともあれ無事2時になり仕事が終わりました。ペットボトル飲料などを丸投げされたことを逆手に取り、これでもかというぐらいにウォークにほぼ時間を使ったので清掃などは代わりに他の人がやっていてレジもあまりやることがなくトラブルにもなりませんでした。どう思われようが1日バイトなのでまた同じ場所の案件を受けない限り互いに遺恨などは残らず後腐れがないところはメリットです。しかし、突発でいっていきなりそのような仕事を不意に任されるのは今後また仕分けバイトなど即戦力の仕事などで活かされるので良い経験にもなりました。

最後に

後一つ、何件かシェアフルを利用して多少相違があるなと思うことはシェアフルの案件によっては最初からタイトルに”長期歓迎”などと長期的に働いてくれる希望者を集う募集がありますが特に書いてないところでも基本的には働いてくれる人をそのままずっと使いたがる印象を受けたので1日バイトだけを想定して依頼を応募しても、クライアント側はあまりそういう雇用を望んでなかったりするのでそこだけ注意が必要です。

xkamiaya